私の人生初アルバイトは悩みの連続でした

私が初めてアルバイトをしたのは専門学校に入学して少し経ったあとでした。

高校生の頃は勉強でいっぱいいっぱいでアルバイトをする余裕がありませんでした。

社会を経験する必要もあると思い、また専門学校の先生にも進められて古本屋でアルバイトを始めることになりました。
働いてお金をもらうということが初めてであり、しっかり仕事をこなせるか不安で仕方がありませんでした。

勤務初日は企業のマニュアルビデオを鑑賞して実際に現場にでてみるということでした。
マニュアルビデオの内容としては接客の基本的なこと、挨拶の行い方などがしっかりと入っていました。

私が担当すると告げられていたレジの操作に関することは別のマニュアルであり今は手元にないということで実際に現場にて教えるということでした。
マニュアルを見終え、私の教育担当者が付いて現場にでていくこととなりました。

最初はお客様が購入した商品の袋への入れ方を教わり、担当者の協力も経て仕事をこなしていました。

次に担当する予定であったレジの操作を教えてもらえると思ったのですが、担当者から「マニュアルを読んだから大丈夫だよね?じゃああとはよろしく」と言われ、レジに一人放り投げだされ、担当者は休憩に入ろうとしました。

私は「マニュアルにはレジの操作に関しては入ってませんでした。
店長によると今は手元にないそうで現場にて教えていただけるとお聞きしたのですが」と担当者に聞くと、「いやマニュアルには書かれてるよ。大丈夫だから」と言い残し、休憩に入ってしまいました。一人では何もできないのでレジ担当以外の方にレジの操作を教えてほしいと頼みましたが、全員に断られました。

結果、レジには長蛇の列ができてしまいました。
私はパニックになりつつも休憩に入ってる担当者の方の元に行き、レジの操作が分からないから教えてほしいということ、レジに長蛇の列ができてることを必死に伝えました。が、担当者からは「今休憩中だから自分には関係ない。自分で何とか対処しろ」という言葉しか返ってきませんでした。

仕方なく現場に戻りアルバイト仲間にレジの操作、そしてお客さんの対応に協力してほしいともう一度頼みましたが無視でした。この間にもお客様は早くしろ、何分待たせるんだとお怒りの声を上げていました。

私はアルバイト仲間に何度も何度も教えてほしいと頭を下げましたが、無視は変わりませんでした。

私は操作ができなくてもこの場を何とかしなくてはと思い、とにかくレジを頑張って操作しました。
あのときの緊張感は今でも嫌な思い出し方をします。時間にして10分ほどやってみましたが、やはり商品を読み取れず、お客様に何度も頭を下げながらなんとかなんとか動いてくれと願ってました。

少し経ったあとに担当者の方が戻り、長蛇の列をみて私に「何をやってるんだ!」と大きな声で怒鳴ってきました。「レジの操作ができないのか?」と問われ、「はい」と答えたところ「じゃあなんでそれを言わないんだ。

言えば教えるだろ普通」と心無く言われました。私は「何度も教えてほしいとお願いしましたし、他の方々にもお願いしました。けど皆さんが教えてくれなかったんじゃないですか」と少しだけ強く言ったところ、「言い訳すんな!」とものすごい怒りが混じった声で一喝されました。その場は担当者の方がレジを操作して私が袋入れを担当する形で何とか全てのお客様の対応を終えることができました。

後日、私だけが店長にこっぴどく怒られました。その後も担当者はもちろん他のアルバイト仲間から仕事を教えられず職場において完全に孤立してしまいました。

そのお店は働いてから一週間ほどで精神に限界がきて辞めることとなりました。それ以来私は人と接して働くことが怖くなり、今はひっそりと他人と関わらない仕事で生きています。

皆さんはバイト選びで失敗しないようしっかりと調べて準備をしてくださいね
学生にオススメのアルバイトが紹介されているサイトは体験談もいっぱい合って読んでいて参考になりそうでした。
>>バイトを初めて探すならここをチェック